脱原発をめざす首長会議

松下玲子 武蔵野市長

松下玲子 武蔵野市長
世話人

平尾道雄 米原市長

平尾道雄 米原市長
世話人

加藤憲一 元小田原市長

加藤憲一 元小田原市長
世話人

桜井勝延 元南相馬市長

桜井勝延 元南相馬市長
世話人

村上達也 元東海村長

村上達也 元東海村長
世話人

三上元 元湖西市長

三上元 元湖西市長
世話人

佐藤和雄 元小金井市長

佐藤和雄 元小金井市長
事務局長

脱原発をめざす首長会議は安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことを目的とする。

脱原発をめざす首長会議は
住民の生命・財産を守る首長の責務を自覚し、安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことを目的とする。

脱原発社会のために以下の方向性をめざす
(1) 新しい原発は作らない
(2) できるだけ早期に原発をゼロにするという方向性を持ち、他方面へ働きかける

福島視察を行い、緊急声明を発表


2021年7月10日、11日に福島県を訪れ、福島第一原発の視察や相馬市でアオサノリ養殖を営む漁業関係者から話を聞き、2本の声明を発表しました。なお、同声明は申し入れ文として経産省に送付しました。
 
<申し入れ文>※下記タイトルをクリックすると読むことができます。
事故廃炉について現実的な『⻑期ロードマップ』を定めよ(PDF)
汚染処理⽔の海洋放出断念を求める(PDF)
 

【7月10日 福島第一原発視察】

バス内で南相馬市の現状について説明する桜井勝延・元南相馬市長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚染水を保管している溶接型タンク 

 

1号機から4号機の前にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【7月11日 相馬市松川浦を視察】

アオサノリ養殖を営む遠藤友幸さんから原発事故後の漁業の状況、汚染処理水が放出された場合、この地域の漁業がどのようになっていってしまうのかなどについてお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視察参加者は以下の通りです。
桜井勝延 元福島県南相馬市長
伊藤寛 元福島県三春町長
渡辺敦 福島県三春町企画政策課長
村上達也 元茨城県東海村長
海野徹 元茨城県那珂市長
先崎千尋 元茨城県瓜連町長
宮嶋光昭 元茨城県かすみがうら市長
佐藤和雄 元東京都小金井市長
大藏律子 元神奈川県平塚市長
田島公子 元埼玉県越生町長
石井俊雄 元千葉県長生村長
玉川孫一郎 元千葉県一宮町長
西村和平 兵庫県加西市長
永良丈晴 兵庫県加西市秘書課長

 

掲載メディアは以下の通りです。
■「処理水海洋放出断念を 脱原発をめざす首長会議 緊急声明を発表」(福島民報 7月13日)
■「海洋放出反対で声明 脱原発をめざす首長会議」(福島民友 7月13日)
■「海洋放出反対 陸上処置訴え 脱原発をめざす首長会議」(河北新報 7月13日)
■「処理水『陸上保管を』脱原発首長会議が声明」(朝日新聞 7月13日)
■「処理水放出断念求める声明発表 脱原発首長会議」(毎日新聞 7月15日)
■「脱原発首長会議、福島第一原発事故被災地で緊急声明」(週刊金曜日 7月23日)

年次総会及び勉強会を開催


2021年4月25日、総会及び勉強会を全国町村会館及びオンラインにて開催し、以下の決議文を採択しました。
決議文は、以下をクリックしていただくとご覧いただけます。
「第6次エネルギー基本計画で原発ゼロ社会への道筋を示すよう求める決議」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<勉強会>
秋本真利衆院議員から、新しいエネルギー基本計画と2050年カーボンニュートラル実現に向けたお話をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当会会員の出席者は以下の通りです。
桜井勝延  元福島県南相馬市長(世話人)
伊藤寛      元福島県三春町長
村上達也  元茨城県東海村長(世話人)
海野徹   元茨城県那珂市長
宮嶋光昭  元茨城県かすみがうら市長
宮下健彦  長野県中川村長
田島公子  元埼玉県越生町長
松下玲子  東京都武蔵野市長(世話人)
阿部裕行  東京都多摩市長
佐藤和雄  元東京都小金井市長(事務局長)
邑上守正  元東京都武蔵野市長
加藤憲一  元神奈川県小田原市長(世話人)
大蔵律子  元神奈川県平塚市長
秋葉就一  元千葉県八千代市長
石井俊雄  元千葉県長生村長
三上元   元静岡県湖西市長(世話人)
小野登志子 元静岡県伊豆の国市長
平尾道雄  滋賀県米原市長(世話人)
村西俊雄  元滋賀県愛荘町長
酒井隆明  兵庫県丹波篠山市長
西村和平  兵庫県加西市長
瑞慶覧長敏 沖縄県南城市長

汚染水の海洋放出決定 緊急記者会見のお知らせ


「脱原発をめざす首長会議」は3・11の翌2012年、基礎自治体の首長が自らに課せられた「住民の生命と財産を守る」という責務を重く受け止め、原発に依存しない社会の実現や地域政策としての再生可能エネルギー普及をめざして発足したネットワーク組織です。

東京電力福島第一原発事故によって発生した汚染水(ALPS処理水)について、政府が本日、海洋への放出方針を決定したことについて、下記の通り、オンラインで緊急記者会見を行います。

視聴希望の方は、脱原発をめざす首長会議のFacebookよりぜひ中継をご覧ください。

 

◆日時:2021年4月13日(火)午後3時から *30分間の予定

◆報告予定者:

世話人
平尾道雄 滋賀県米原市長
桜井勝延 元福島県南相馬市長
村上達也 元茨城県東海村長
三上元  元静岡県湖西市長(現湖西市議)

事務局長
佐藤和雄 元東京都小金井市長

■視聴方法:コチラ(Facebook)からご覧ください。