脱原発をめざす首長会議

桜井勝延 元南相馬市長

桜井勝延 元南相馬市長
世話人

加藤憲一 小田原市長

加藤憲一 小田原市長
世話人

平尾道雄 米原市長

平尾道雄 米原市長
世話人

三上元 元湖西市長

三上元 元湖西市長
世話人

村上達也 元東海村長

村上達也 元東海村長
世話人

佐藤和雄 元小金井市長

佐藤和雄 元小金井市長
事務局長

脱原発をめざす首長会議は安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことを目的とする。

脱原発をめざす首長会議は
住民の生命・財産を守る首長の責務を自覚し、安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことを目的とする。

脱原発社会のために以下の方向性をめざす
(1) 新しい原発は作らない
(2) できるだけ早期に原発をゼロにするという方向性を持ち、他方面へ働きかける

核燃料サイクル視察を青森にて行い、緊急声明を発表


2019年8月17、18日に青森にて核燃料サイクル視察を行い、緊急声明を発表しました。現地では六ケ所原燃PRセンター、東通原子力発電所PR施設、むつ来さまい館、むつ科学技術館を訪問し、各原子力事業者との意見交換を行い、リサイクル燃料備蓄センターでは敷地外からの見学を行いました。
なお、緊急声明は後日経済産業省へ提出いたしました。
<緊急声明>※下記タイトルをクリックすると読むことができます。
六ケ所再処理工場は廃止せよ/汚染水は海洋放出せず、長期保管の検討を

 

六ケ所原燃PRセンターから見た再処理工場

 

 

 

 

 

 

 今回の視察では、核燃料サイクルに対して長年取り組まれてきている山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長)、栗橋伸夫氏(核の中間貯蔵はいらない!下北の会)による案内とともに、伴英幸氏(原子力資料情報室共同代表)にも同行いただき、核燃料サイクルの持つ問題点についての説明を受けました。

 

リサイクル燃料備蓄センター前にて説明を受ける参加者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年に高知県東洋町で高レベル放射性廃棄物最終処分場の候補地選定に向けた文献調査に反対した経緯を話す当時の町長だった澤山保太郎・元東洋町長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むつ科学技術館にて、1974年に放射線漏れ事故を起こした原子力船「むつ」の原子炉格納容器を見る参加者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当会会員の出席者は以下の通りです。
鹿内博   元青森県青森市長(現青森県議会議員)
笹口孝明  元新潟県巻町長
宮嶋光昭  元茨城県かすみがうら市長
石井俊雄  元千葉県長生村長(現長生村議会議員)
田島公子  元埼玉県越生町長
佐藤和雄  元東京都小金井市長/事務局長
三上元   元静岡県湖西市長(現湖西市議会議員)/世話人
村西俊雄  元滋賀県愛荘町長
澤山保太郎 元高知県東洋町長

 

掲載メディアは以下の通りです。※タイトルをクリックすると一部ご覧いただけます。
■「東電は処理水、長期保管を 脱原発目指す首長らが声明」(共同通信 8月18日)
■「六ケ所再処理工場廃止求め緊急声明/『脱原発』首長会議」(Web東奥 8月19日)

活動、マスコミ掲載


4月28日発足総会
4月28日発足総会
経済産業省への申し入れ
経済産業省への申し入れ
マスコミにも多数報道
マスコミにも多数報道