脱原発をめざす首長会議

年次総会及び勉強会を伊万里市にて開催


2016年04月19日

20160417_143209

 

 

 

 

 

 

2016年4月17日、佐賀県伊万里市にて総会及び勉強会「原発再稼働と同意権」を開催し、3本の決議と1本の緊急声明を採択し、4月18日に経済産業大臣、原子力規制委員会委員長へ提出しました。

■「老朽原発である高浜1号機・2号機を延命させないことを政府に求める決議
■「最終処分法を改正し、地元首長の同意なしに最終処分場選定プロセスが進まないよう法定化することを求める決議
■「原発事故の被災自治体となりうる周辺自治体に対し、原発再稼働の同意権を認めるよう求める決議
■「熊本地震を踏まえ、起こりうる地震規模と原発への影響を改めて見直すよう求める緊急声明

1461028424174

 

 

 

 

 

 

勉強会では地元の塚部芳和・伊万里市長より、鹿児島の川内原発の例をもとに玄海原発と周辺自治体の同意権についてお話いただきました。

KIMG0402

 

 

 

 

 

 

会員の江里口秀次・小城市長より、脱原発への思いとともに原子力発電所に代わるコンバインドサイクル発電についてもお話いただきました。

KIMG0406

 

 

 

 

 

 

当会顧問の嘉田由紀子・前滋賀県知事より、県知事時代に被害地元として同意権を求めて活動されてきた経緯などをお話いただきました。

 

当会会員の出席者は以下の通りです。
茨城県  宮嶋光昭  元・かすみがうら市長
茨城県  村上達也  元・東海村長(世話人)
長野県  曽我逸郎   中川村長
東京都  阿部裕行  多摩市長
東京都  上原公子  元・国立市長(事務局長)
東京都  佐藤和雄  元・小金井市長(事務局次長)
静岡県  三上 元     湖西市長(世話人)
福岡県  加治忠一     香春町長
佐賀県  江里口秀次 小城市長

 

掲載メディアは以下の通りです。※タイトルをクリックするとご覧いただけます。
■「<脱原発首長会議>『再稼働同意権』確立を 17日、30キロ圏法制化求め決議へ」(4月15日 毎日新聞)
■「脱原発めざす首長の会 再稼働同意権求める」(4月17日 サガテレビ)
■「『基準地震動の見直しを』 脱原発めざす首長会議が声明」(4月17日 朝日新聞)
■「周辺自治体に同意権を 熊本地震で緊急声明も」(4月17日 佐賀新聞)
■「脱原発めざす首長会議総会 伊万里、勉強会も開催」(4月18日 読売新聞)
■「脱原発をめざす首長会議:耐震基準見直し求める緊急声明」(4月18日 毎日新聞)
■「『基準値震動見直しを』脱原発首長会議が緊急声明」(4月18日 毎日新聞 佐賀版)
■「30キロ圏自治体に再稼働同意権を 脱原発首長会議が決議」(4月18日 西日本新聞)
■「Despite assurances, quakes prompt calls to switch off Japan’s nuclear reactors」(4月18日 The Japan Times)
■「脱原発をめざす首長会議:周辺自治体の再稼働、同意権を法制化要求 伊万里で年次総会、決議採択 /佐賀」(4月23日 毎日新聞)
※伊万里ケーブルテレビジョンによる放送も予定されています。

京都府、滋賀県へ高浜原発再稼働に関する要請文を提出


2015年12月09日

12月9日、京都府と滋賀県へ高浜原発に関する要請文を提出しました。
詳しくは以下のタイトルをクリックし、ご覧ください。

高浜原発3・4号機再稼働に関し、被害地元である関西の住民と琵琶湖と環境を守るための要請

 

掲載メディアは以下の通りです。※タイトルをクリックするとご覧いただけます。
高浜再稼働反対、京都府・滋賀県は表明を 首長会議要請」(京都新聞 12月9日)
福井・高浜原発 | 再稼働反対、首長会議が要請 府と滋賀県に」(12月11日 毎日新聞)
この他に、12月10日ラジオ局J-WAVEにて報道されました。

海外からの視察団へ講演を行いました


2015年11月30日

20151130

11月30日に「アジア社民主義ネット」の議員、首長、研究者等12人の訪問団の依頼を受け、「日本のスマートシティ」をテーマに、事務局長上原公子が「脱原発をめざす首長会議」の活動報告を行いました。また、報告の中では環境エネルギー政策研究所のエネルギー白書の事例も紹介しました。

<<古い記事へ