脱原発をめざす首長会議

勉強会のお知らせ


2017年06月12日

勉強会
≪「原発依存神話」からの脱却 原発立地地域から原発ゼロ地域へ(仮)≫

 

◆テーマと目的
首長会議と深い協力関係にある専門家集団「原子力市民委員会」は、全国16か所の原発立地地域が何故、原子力発電所の立地を推進し、東京電力福島第一原発事故後も原子力発電所への依存を続けるのかという疑問からスタートし、原子力市民委員会の第3部会(原発ゼロ行程部会)を中心に原発立地地域に関するプロジェクトチームをつくり、検討を進めてきました。
2017年4月、プロジェクトチームによる調査や分析がまとまり、原発立地地域を原発ゼロ地域に転換するための基本的な考え方や必要な方策を提言する特別リポート『原発立地地域から原発ゼロ地域への転換』を公表されました。そこでは「原発が稼働しなければ、地域の経済・財政が立ち行かなくなる」という強固な認識が、事実に立脚しない≪原発依存神話≫にすぎないことが客観的な分析によって明らかになっています。
勉強会では、こうした分析や原発ゼロ地域を進めるための方策を日本内外に広く知らせるとともに、原発立地自治体の現況を探り、《原発立地地域から原発ゼロ地域への転換》を促します。

 

◆内容
▽報告者 吉岡斉氏(原子力市民委員会座長)
      特別リポート『原発立地地域から原発ゼロ地域への転換』について
▽報告者 藤原遥氏(一橋大学大学院経済学研究科後期博士課程)
      *特別リポート「第2章 原発立地自治体の経済・財政の実態」を執筆
     など

▽パネリスト 吉岡斉氏(原子力市民委員会座長)
       村上達也氏(元東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人)
       など

 

◆日時:2017年7月15日(土)13:30〜16:20(開場 13:00)
◆会場:新潟ユニゾンプラザ 4階 大研修室(新潟市中央区上所2丁目2番2号)
    ※JR新潟駅から車で約8分
◆共催:脱原発をめざす首長会議、原子力市民委員会
◆参加費:500円

 

▼一般参加者
事前予約制で160名(先着順)とします。
下記をお読みの上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
【申し込み方法】
件名を「7月15日 勉強会」とし、以下の情報を記載し、ご連絡ください。
①お名前(ふりがな)、②ご連絡先 (電話番号あるいはEmail)
【申込先】
脱原発をめざす首長会議事務局
E-mail : mayors@npfree.jp / FAX : 03-3363-7562

 

▼報道関係者
事前の連絡は不要です。
当日受付にてお名刺をお渡しください。