脱原発をめざす首長会議

酒井隆明 篠山市長のメディア掲載


兵庫県篠山市は、原発事故が起きた時に備え、甲状腺の内部被ばくを防ぐ安全ヨウ素の事前配布を決めました。以下の記事の中で、当会会員の酒井隆明市長は、「万が一の際、備蓄場所に取りに行く時間的な余裕はない。できるだけ多くの人に薬を配りたい」と話しています。篠山市は高浜原発から約50キロの距離にあります。

※タイトルをクリックすると読むことができます。

篠山市、ヨウ素剤各戸配布 原発30キロ圏外で全国初」(2月19日 神戸新聞)