脱原発をめざす首長会議

<脱原発へ 京都フォーラム2019>開催のお知らせ


2019年10月01日

<脱原発へ 京都フォーラム2019>
『核燃サイクル=六ヶ所再処理工場をやめさせるには』

青森・六ヶ所再処理工場をめぐる原子力規制委員会の適合性審査が大詰めを迎えています。核燃料サイクル政策が事実上、破綻しているにもかかわらず、なぜ国は政策変更ができないのでしょうか。核燃サイクル政策の見直しをめぐり、民主党政権下での攻防を細かく追ったジャーナリストから報告していただき、核燃サイクル政策をやめさせるためには何が必要なのかを考えます。

講師:小森敦司氏 (朝日新聞経済部記者)

【プロフィール】
1987年、朝日新聞社入社。千葉・静岡両支局、名古屋・東京の経済部に勤務。金融や通商産業省(現・経済産業省)を担当。ロンドン特派員(2002~05年)として世界のエネルギー情勢を取材。東電福島第一原発事故後はエネルギー・とくに原子力分野の連載などを中心に執筆。著書に『資源争奪戦を超えて』(かもがわ出版)、『日本はなぜ脱原発できないのか』『「脱原発」への攻防』(いずれも平凡社新書)、共著に『失われた〈20年〉』(岩波書店)、『エコ・ウオーズ』(朝日新書)など。

※フライヤーはこちら(PDF)からダウンロードください。

 

◆日時:2019年10月20日(日) 14:00~16:00 (開場 13:30)
◆会場:京都商工会議所 会議室7-B (京都経済センター 7階)
(地下鉄烏丸線「四条駅」、阪急京都線「烏丸駅」26番出口直結)
◆参加費:無料
◆主催:脱原発をめざす首長会議

 

▼参加ご希望の方
下記をお読みの上、メールまたはFAXにて10月18日(金)までにお申し込みください。先着50人までとなります。
【申し込み方法】
件名を「10月20日 参加希望」とし、以下の情報を記載し、ご連絡ください。
①お名前(ふりがな)、②ご連絡先(電話番号あるはEmail)
【申込先】
脱原発をめざす首長会議事務局
E-mail : mayors@npfree.jp / FAX : 03-3363-7562